ディスポーザーの噛み込みとは?

ディスポーザーの処理室内部にある回転プレートに、投入されたものが挟まって動かなくなる症状の事です。

ディスポーザーのスイッチを入れたときに、“ウーン”と唸り、“パチン!”という音とともに以後、動かなくなります。

ディスポーザーの回転プレートがスムーズに回らないため、モータが過負荷状態となり、オーバーロードスイッチが働き、電流が遮断されることで起きる症状です。

ディスポーザーが動かない時の対処方法 その②

噛み込みの解決方法

※作業する前に、必ず、ディスポーザーの電源プラグを抜いてください。

噛み込み症状を解決するには、ディスポーザーの処理室内部で挟まっているものを取り除くことが必要です。

エマソン社のイン・シンク・イレーターディスポーザー AC105-Bには、このような症状に対応するための、サービスレンチが付属されています。
(ディスポーザーには、それぞれ、メーカー独自のレンチが付属されています。)

サービスレンチを使って、回転プレートがスムーズに動くようになるまで、左右に回します。 (動画または、取扱説明書を参照してください。)

1回転スムーズに動くようになったら、ライトなどを使って、処理室内部を確認して、異物が残っているようなら、ペンチなどを使って、取り除きます。

処理室内部に手を入れるような事はしないでください。
サービスレンチは、力を込めて回しても、ディスポーザーを傷めることはありません。
ディスポーザーを傷める前に、サービスレンチが曲がるように設計されています。

異物を取り除いた後、リセットボタンを押して、ディスポーザーのスイッチを入れます。
異音もせず、正常に作動することが確認できたら完了です。

噛み込みが起きる原因

噛み込みが発生する原因は、生ごみ以外の異物を混入した場合に発生します。

異物を混入させる以外で発生する原因としては、「梅干しの種」や「魚の骨」、「鶏の骨」といった硬い種類のもので発生することがあります。

ディスポーザーの生ごみを処理する順番は、「砕いてから、すり潰す」という順番になっています。
「砕いている」途中は音が大きくなりますが、「すり潰す」工程になった時には、音は静かになっていきます。

音が静かになったことで、処理が終わったと思い、ディスポーザーのスイッチを切ってしまうことで、すり潰している途中の硬いものが、回転プレートと側壁面に挟まったままになることで噛み込みが発生します。
硬いものを投入した時は、少し、長目に運転しておくことが理想です。(連続投入式の場合)

フタスイッチ式ディスポーザーの場合は、30~60秒の間で自動停止する機種が多いため、このような硬い食材を投入するときは、少量ずつ投入するのが良いです。

お気軽にお問合せください。03-6231-7182営業時間 9:00 – 17:30[土日・祝日除く]

メールでのお問合せはこちら